生理痛と貧血で薬を飲まないで済む方法

生理痛はその人によっても症状は変化しますが、酷い人だと起き上がることすら辛く、普通の日常生活に支障をきたすこともあります。また生理中は痛みだけでなく貧血やめまい、眠気やイライラなどのさまざまな症状が襲ってくるため、たとえ痛みをあまり感じない人でも、不快感を覚えるケースもあるようです。そんな生理痛を緩和するためには、一般的に痛み止めの薬を服用することが多いようです。確かに生理痛はつらくて激しい人もいるので、そういった場合は薬を飲まないではいられない状況だと言えるでしょう。しかしできることなら薬を飲まないで過ごせれば、それに越したことはありません。基本的に痛み以外の症状の場合は、薬は飲まないでも大丈夫であるケースがほとんどです。ただし出血量などが多い場合は貧血になることもあるので、貧血はまた別の病気のために、他の薬を服用した方が良さそうです。そして痛みがないか、もしくは我慢できる程度なら、食生活や生活習慣を改善することで、薬を飲まずに過ごせるようになることも可能です。まず食べ物に関しては、消化が良くて体を温める効果のあるものを食べるようにしましょう。逆に糖分の多いものや加工品、動物性たんぱく質の過剰摂取や刺激物は控えた方が無難です。また睡眠はしっかりとるように心がけ、ゆったりとお風呂でリラックスすることもお勧めです。散歩程度の軽い運動やマッサージ、ストレッチなども効果があると言われており、あとは身体を冷やさないように衣服を工夫したり、カイロなどの温めるグッズを利用しましょう。他にもサプリメントや漢方薬、ハーブなどを利用すると便利です。とくにハーブティーは刺激も少なく簡単に飲めるのでオススメな方法です。もちろんこれらを試しても痛みが緩和されない場合は薬を使っても良いですし、病院への受診もお勧めします。