生理痛緩和のためストレッチ

生理痛に悩む場合は、効果的なストレッチを行うと、症状を和らげる事が出来ます。
腰回りのストレッチは、生理痛緩和を行い改善する基本で、血流を改善して血行を良くします。
上下半身の中心にある腰は、全身の血流に関係する、重要な体のポイントです。
体を温めると、生理痛緩和が行えます。
外から温める事は大切で、入浴は生理痛緩和に効果的です。
ですから、お風呂でストレッチを行うと、血行が良くなり痛みが和らぎます。
前屈やひねりは、腰や背中の筋肉を伸ばす方法なので、気持ち良く伸びる場所で、10秒程度静止した状態を保ちます。
また、骨盤の柔軟性も、生理痛緩和に役立ちます。
お風呂から出た後、体が冷えない内に、広い場所で行います。
足裏を合わせるストレッチは、上体の前屈動作で、骨盤の筋肉を伸ばします。
さらに、仰向け状態で足を上げたり、腰をひねる運動が、骨盤と腰に柔軟性を与え、痛みを和らげる効果が発揮されます。
つぼを刺激する事も、生理痛緩和に効果的です。
痛みが感じられる場所を、指先で強く押すと、つぼに関係する場所が改善されます。
この時に、強く押し過ぎる事は避け、適度に痛いと気持ち良いの間を保てば、程良い刺激を与える事が出来ます。
ストレッチを覚える事は、生理痛緩和以外にも役立つので、いつでも行う事が出来ます。
下半身のストレッチに限らず、上半身や体全体を伸ばせば、体の痛みを軽くしたり、肩凝りの解消も行えます。
痛みに悩み続けるのはなく、解消する方法を行う事が、悩みを解決し、健康的な状態になれます。
ストレッチのやり過ぎは逆効果ですが、適度に行う生理痛緩和のストレッチは、継続して続ける事が大切です。
血行を良くして体を温める事が、効果的な生理痛緩和の方法です。